兵庫県明石市 朝霧インプラントセンター|インプラント・審美歯科・ホワイトニング

当医院のオールオン4治療

当医院オリジナルの即時負荷について

日本人の顎骨に合わせた即時負荷を行っています。

即時負荷の術式の一つ オールオン4とは

オールオン4の図

即時負荷の術式の一つオールオン4の図

1日で仮歯まで入れることで、患者さん負担を少なくする即時負荷の術式ですが、これはかなり骨量の多い方だけに有効な技術です。「いかに鉄骨支柱を少なくして、地盤の弱い部分(顎骨)に負担をかけないように家を建てるか」、そんな発想から生まれている技術です。

オールオン4は、ポルトガルのパウロ・マローが開発した技術です。片顎で14本の歯がない無歯顎の方の場合、インプラントを10~14本埋め込む手術が一般的でしたが、日常生活に必要な片顎12本の人工歯を支えるために必要なインプラントは、4本にできることがわかったのです。

つまり必要最少本数の4本で、上または下の歯をすべて支える――これが、オールオン4の考え方です。

西洋人と東洋人では骨量が違う

西洋人と東洋人では骨量に違いがあり、「下顎ならば下歯槽神経」「上顎には上顎洞」という解剖学的制約があるため、理想の場所にインプラントが埋入できない場合があります。ならば、「下歯槽神経のない第一小臼歯より、前方に4本の長いインプラントを埋入したなら、早期に負荷をかけても、微小動揺をおこさずインプラントは骨と結合にいたる。」というのが、このオールオン4の術式です。

特筆すべきは、最後方のインプラントは傾けて埋入することで、少しでも骨に荷重がかかる部分を後ろにかける様に配慮しているところです。4本のインプラントの頚部(歯冠の付け根)を結ぶ線は、ある程度の面積を有するため、平行四辺形を形成するように配置して、咬合力を分散することがこの技術の要です。

西洋人のように骨量が多い場合

西洋人のように骨量が多い場合の図

インプラントは、頚部にほとんどの力がかかる。と言われています。オールオン4は、神経を避けるように最も後方のインプラントを傾けて埋入することにより、臼歯にかかる咬合力を分散しています。しかし、下図の建築物のイラストの様に物理学的な不安定さがあります。

物理学的な不安定さの図

インプラント頚部を線で結んだ平行四辺形は、そこそこに面積を有しますが、インプラントにかかる「てこの力」が、図のようになります。オールオン4は、このような不安定状態を受け入れる術式なのです。

東洋人のように骨量の少ない場合

東洋人のように骨量が少ない場合の図

ところが、東洋人のほとんどが骨量が少ないため上図のようになります。こうなると、傾斜してインプラントを埋入するメリットは、ほとんど無くなります。インプラントの頚部を結んだ平行四辺形の面積は著しく小さくなってしまいます。建築物で言えば、下右図のように、更に不安定な設計となります。

物理学的な不安定さの図

骨量の少ないケースでは、たとえ最も後方のインプラントを垂直に埋入しても、物理学的要因は同じのため、リスクも同じなのです。

骨量が十分な場合に当院で行う方法

補綴上、不便が多い傾斜埋入を避けて、「4本のインプラントで支える即時負荷の人工歯は小臼歯まで」とします。同時に、神経に至らない長さのインプラントを埋入します。

骨量が十分な場合に当院で行う方法の図

2~3カ月後に最後方のインプラントにも負荷をかけます。

2~3カ月後に最後方のインプラントにも負荷をかける図

この時、6本のインプラント頚部を結んだ多角形は広い面積を有し、咬合歯負担は物理学的に安定していることがわかります。

6本のインプラント頚部を結んだ多角形は広い面積を有し、咬合歯負担は物理学的に安定しているの図

建築物で言えば、建物の4隅に柱を持つ、磐石の設計に似ています。また、インプラントを傾斜埋入しないため、人工歯の立ち上がりも自然です。

日本人に適した即時負荷とは

傾斜埋入を避けて、人工歯の立ち上がりを自然にする、盤石の設計

骨がやせて、下歯槽神経の上方に骨が無い場合、インプラントの傾斜埋入によって咬合力を分散させることができません。そして、ほとんどの日本人の無歯顎は、骨がやせています。事実、インプラントを強く望まれている方は、骨がやせて入れ歯が安定しないから、インプラントを選択しているのです。

また、日本人は骨密度も低く、とくに骨質の悪い上顎では、良好なインプラントの初期固定を得られない状態がほとんどです。逆に骨量が十分にあれば、下歯槽神経の上方にインプラントを入れられます。実際、傾斜埋入をすると自然な美しさを持つ人工歯は作成しにくく、オールオン4では現実としてほとんどのケースで、有床型の入れ歯が固定されているのです。

当医院の即時負荷(オリジナル)

当医院の即時負荷(オリジナル)の写真

当医院オリジナルの即時負荷は、インプラントの傾斜埋入を避けて、4本のインプラントで支える即時負荷の人工歯は小臼歯までにし、同時に、神経に至らない長さのインプラントを埋入します。

2~3カ月後に最後方のインプラントにも負荷をかけることで、盤石の設計で治療を行うことで、歯肉から歯が自然に立ち上がります。

従来の総入れ歯型即時負荷(オールオン4)

従来の総入れ歯型即時負荷(オールオン4)の写真

写真のように、従来の有床型総入れ歯をネジで固定したものが、オールオン4の標準術式です。

よく見ると限りなく昔ながらの入れ歯に近い形状で、食べ物が床下部にはさまりやすいのです。そのような形状のため清掃性も悪いく、14歯ではなく10~12歯の人工歯を支えることは避けている場合が多いのです。(つまり、本来咬合の大部分を負担すべき大臼歯は大部分無いのです)

オールオン4は 鉄骨の少ない建物

オールオン4は、すこし辛辣な言葉で表現すれば、「どこまで鉄骨を少なくして建物は建てられるか?」そういう発想です。悲しく、愚かな事に、患者さんばかりでなく、その術者である歯科医師の中でも、All On 4=即時負荷となりつつあるのが現実です。

欧米の技術を、その真意を理解することなく、思考停止の状態で模倣することは、実に危険です。

人によっては、歯ぎしりや食いしばりのある人もいらっしゃり、やたら咬む力の強い人もいるのです。晴れの日ばかりではなく台風もくるし、地震だってくるのです。4本の橋げたの1本が壊れたら、他の3本も崩壊するのは、神戸の地震でみなさんも理解できたはずです。

地震で倒壊した阪神高速道路の写真

支台が1本、直線的に並んだ阪神高速道路は、地震で倒壊しました。

並列した2本ずつの支柱が並び、盤石の支台設計がなされた明石大橋の写真

国家プロジェクトと言える明石大橋は、並列した2本ずつの支柱が並び、盤石の支台設計がなされています。

お問い合わせ

神戸・明石でインプラント治療をお考えの方はお気軽にご相談下さい。

所在地

〒673-0866
兵庫県明石市朝霧町3丁目9-2

メールアドレス

info@asagiri-implant.com

TOPへ