兵庫県明石市 朝霧インプラントセンター|インプラント・審美歯科・ホワイトニング

難症例・インプラントを他院で断られた方へ

難症例の治療法

難症例治療のリスクを背負う覚悟あります。

当医院には、様々な症状の患者さんがご来院されております。

その中には「難症例のため治療できない。」と、他院でインプラント治療を断られた患者さんも数多くいらっしゃいます。
当医院では、インプラントの難症例と呼ばれるケースも数多く手掛けてきました。

他院で断られた方も、是非ご相談ください。30年の治療実績で培われたインプラント技術で、あなたの笑顔を支えます。
ここではその技術の一部をご紹介します。

GBR(骨誘導再生法)

GBRは骨再生治療の1つで、骨誘導再生法とも呼ばれています。埋入したインプラント周囲の骨が不足していて骨幅が足りず、インプラントの一部が骨や歯ぐきから露出してしまう場合にGBRを行います。

自家骨(患者さんご自身の骨)や人工骨でインプラントの露出部分を覆い、数ヵ月待つと、覆った骨が硬い自分の骨に置き換わります。自家骨は、インプラントを埋入する穴を開けるときに採取することができます。人工骨は、採取量が不足している場合に併用することがあります。

GBR(骨誘導再生法)の図

GBR(骨誘導再生法)の症例

  1. 上あごの右部分にGBRを行い、インプラントを埋入しています。
  2. 術前の状態では骨の高さが足りず インプラントが露出してしまいます。
  3. GBRを施すことにより骨が再生されインプラントの露出を防ぎ、安定性を確保しています。

サイナスリフト

サイナスリフトは、上顎の骨を再生させる治療法です。上顎には上顎洞(鼻の横で頬の内部にある空洞部分)があります。

骨量が不足することが多い奥歯あたりは、短いインプラントを用いても、上顎洞に突き抜けてしまう場合があります。上顎洞を部屋とすれば、床に相当する部分が、上顎の骨になります。

この骨の厚みが5mm未満の場合、上顎洞の内部に骨の移植を行います。上顎の骨の厚みを増やし、インプラントが突き抜けてしまわないようにしてあげる処置がサイナスリフトです。移植する骨は、GBRと同様に、自家骨や人工骨を使います。

サイナスリフトの図

サイナスリフトの症例

  1. 上あごの右、左奥の1本にサイナスリフトを行い、インプラントを埋入しています。
  2. 歯を失うと上顎洞が拡大し、奥歯のインプラントを支える骨が不足します。
  3. サイナスリフトでそれを補いますが、当院では両側の施術を短時間で行うことができます。

難症例の治療症例

「小池先生のところはフルインプラントのケースが多いね」それは。インプラント医仲間からもよく言われる事です。

当医院の、インプラント治療の特長のひとつは、無歯顎をはじめとする多数歯欠損の治療症例が多いことです。多くの本数のインプラントを埋入する必要があるケースは、ひとつの難症例と言えます。

ケース1:多数歯欠損

背骨のわん曲症のため、レントゲンが撮影できない85歳の寝たきり状態の患者さん。レントゲン撮影も困難だったため、CTに頼るオペではなく、昔ながらのしっかり粘膜を剥離して、解剖学的状況を直視する方法で対処しました。

ケース1:多数歯欠損の症例写真

  1. レントゲン撮影が困難な寝たきりの患者さん
  2. CTに頼らず、粘膜を剥離し、解剖学的状況を直視する方法で対処

本人が歯を取り戻したいという意思さえがあれば、その瞬間に幾多の困難は乗り越えられたに等しくなります。

ケース2:多数歯欠損

ケース2:多数歯欠損の症例写真

  1. 多数歯を抜歯して、フルインプラントで回復

画像を見ると、「もうダメかな」という状況からでも、希望の光が見える。逆転満塁ホームラン的治療が、インプラント治療だとご理解頂けるかと思います。

ケース3:即時負荷治療

ケース3:即時負荷治療の症例写真

  1. 即時負荷治療により、わずか1日にして、インプラントで仮歯を埋入
  2. 上顎は、ぎりぎりの骨量を利用

その後2ヶ月で治療が完了し、6ヶ月に1度、定期検診に通院されています。

他院で断られた難症例も、朝霧インプラントセンターにお任せください!

さらに詳しく治療症例を知りたい方へ

当院の実績・治療症例はこちら

お問い合わせ

神戸・明石でインプラント治療をお考えの方はお気軽にご相談下さい。

所在地

〒673-0866
兵庫県明石市朝霧町3丁目9-2

メールアドレス

info@asagiri-implant.com

TOPへ