兵庫県明石市 朝霧インプラントセンター|インプラント・審美歯科・ホワイトニング

間違いだらけのインプラント選び

1.インプラント手術は痛みもなく腫れないそれってホント?

腫れないのが名医なの?

いろんな歯科医院のホームページを見させていただくと、「インプラント治療はほとんど痛みがありません。腫れません」と断言していることがあります。しかし、それは骨移植など形成手術を行ってない時に言えることです。それを例外として言及しない限り、患者さんに嘘を言っていると言わざるを得ないと思います。

インプラント手術後の腫れや痛みについて

インプラント手術後の腫張は骨膜へのダメージが原因

腫れたり痛みがあったりすることは誰も好まないですね。しかし、お手軽簡単に全てのことが成り立つ訳では無いのが世の定法です。

さてmインプラント治療では、どんな処置がなされる時に腫れや痛みを残すのでしょうか。弁慶の泣き所(すね)をうっかりぶつけると痛いのは、骨膜が直接衝撃を受けるためだそうです。

インプラント手術後の腫張は、骨膜の損傷程度がキーポイントみたいですね。

骨膜には神経が存在し、痛みを感じます。骨膜は外層・内層の2層からなり、外層は膠原線維(こうげんせんい)と弾性繊維から出来ています。内層は血管や神経が豊富に分布しています。骨膜にダメージを与えた時に腫脹・疼痛は起きるということです。逆に骨を削ることに対しては意外と痛みになりにくいのです。

骨膜のイラスト

減張切開

大規模なインプラント手術は、腫れや痛みが伴います。お手軽簡単な処置は不可能です。

インプラント手術の技法に、粘膜を伸展させるため、剥離した粘膜の深いところで密な繊維組織の骨膜を切除する「減張切開」というものがあります。

減張切開は、骨移植などと併用されるものですが、この減張切開を行うと間違いなく腫れます。過剰な免疫応答を抑えるために、ステロイドを用いることもありますが、ステロイドは両刃の剣であり免疫応答を抑制するため、感染の危険は上がります。

しかし、外科的ダメージの少ないと言われる内視鏡手術でも重大な事故が多発している現状を見ても、術後のダメージと安全や高いレベルの治療のどちらを優先すべきかはドクターの経験とセンスだと思います。

そこで、我々歯科医師は以下のようにインプラント手術後の腫れ、痛みを軽減する努力をしています。

  1. 粘膜の切開・剥離・縫合を丁寧に迅速に行う
  2. 清潔な手術を行い感染を避ける
  3. できるだけ粘膜剥離を小規模にする
  4. 必要に応じて最小限の減張切開とする
  5. ステロイド局所投与を行う
  6. 抗生物質の前投薬を行う

術前

インプラント手術減張骨膜切開術前

術後

インプラント手術減張骨膜切開術後

たとえば、写真のような大規模な骨再生は減張骨膜切開が必須です。腫れない・痛まないのお手軽簡単な処置では不可能なのです。

当医院のインプラント技術をご覧ください。

当医院の治療実績を見る

当医院は患者さんへの情報提供に積極的です。

当医院の治療説明を見る

間違いだらけのインプラント選びの記事一覧

お問い合わせ

神戸・明石でインプラント治療をお考えの方はお気軽にご相談下さい。

所在地

〒673-0866
兵庫県明石市朝霧町3丁目9-2

メールアドレス

info@asagiri-implant.com

TOPへ